保健師求人TOP>保健師求人<地域包括支援センター>

保健師求人<地域包括支援センター>

行政保健師の主な活動としては、地域包括支援センターでの活動というものがあります。これは2005年に定められた比較的新しいシステムで、介護保険法で定められた地域住民の保健や福祉環境というものを整えるということ。そして地域医療の向上を目的としている。そして家庭内での虐待の防止や、老人介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関になっています。

地域包括支援センターには、行政保健師の他に、主任ケアマネージャーや社会福祉士などが存在していて、それぞれの専門性というものを活かして、相互に連携というものをしながらそれぞれの業務にあたっているのです。

地域包括支援センターが設置された経緯としては、それまでの制度では、増え続ける医療や介護や福祉などの費用を抑えるために、自己負担の割合を増やしたりしていた。そして医療や福祉から介護部分だけを切り出して、独自に介護保険制度を創設し、対症療法的な対応をとるという方法をとっていたんです。しかしそれまでの担い手の中心であった団塊の世代が、高齢者となる近い将来にはこの対症療法的な制度には限界が来ると予想をして、予防に重点をおいた政策に転換するためにこれが設置されたという経緯があるんです。

地域包括支援センターが設置されたことによる利点としては、これまで市町村の在宅支援センター等で行われていた相談業務を外部委託で処理することができることにより、市町村窓口負担の軽減がかなり軽減されたということにあります。また保健師などの専門的な知識を持つ職員を設置することによって、住人の相談によりきめ細かい回答を行うことができるという点が挙げられます。

特に最近では介護の悩みというものを、一人で抱えストレスというものを貯めてしまう人間が増加傾向にあるんですよね。こういうストレスが過度になると介護自殺などにつながってしまい、悲惨な事件が起こってしまうことになるのです。病院勤務のように直接目の前での生き死にを目撃するわけではありませんが、人の生死を扱っているという点では、地域包括支援センターで働く保健師も同等の責任を感じていることが多いと言えるのです。

こうやってみていくと、地域包括支援センターで働く保健師の主な仕事は、 地域住民の心のケアがメインの仕事であると言えるでしょう。より多くの人間とのコミュニケーションが必須になってくるために、抱えるストレスも相当になると思いますが、それだけにやりがいのある仕事であり、その地域の重要な役割を担っている仕事であるとも言えるのです。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン