保健師求人TOP>保健師の悩みの分類

保健師の悩みの分類

保健師の資格を持っている人間の悩みといえば、どんな場所で働くかということが一番の悩みではないでしょうか?資格を取得してみたはいいものの、その資格を存分に活用し、働くことができない職場だって存在していますからね。看護師に関してもそうですが、保健師の場合には特に職場の違いによって、給与や待遇といった面でとても大きく左右される職業でもあるのです。

保健師の主な働き場所は、市町村の保健センター、保健所、会社などの企業、学校、訪問看護ステーションなどが挙げられますね。たとえば地方公務員の保健師の場合には、その給与は一般公務員よりも高めに設定されていることが多いとされていて、給与面だけでいえば満足できる職場であるとも言えるのです。ちなみに東京都での新卒の保健師の初任給は、23万前後に設定されていて、他の職業と比べても高い給与設定となっていることは明らかでしょう。

しかしながらそれに伴った悩みというものも存在しているんですよね。残業が多いという点。そして休みが少ないといった点は看護師の悩みとなんら変わりはありませんね。そして一番多いのが人間関係に疲れたといった理由なんですね。職場の人間関係など、どの企業でもあるし、保健師だけの問題ではないだろう?と思うかもしれません。しかし保健師の場合、地域全体の保健医療を行っていく役割をになっているため、非常に多くの人間と接する機会が持たれるんですよね。

業務をちょっと見ていくと、乳幼児の検診や生活習慣病検診を行うという業務。また予防注射の業務。さらには育児相談や介護保険についての業務。現在の社会では保健師の負担となっている自殺者の予防をはじめとする心の病気のケアまで。こうやってみると ありとあらゆる人間の問題に対して相談に乗り、解決していかなければならない大変な職業であることが分かります。 こうやって仕事場でコミュニケーションを取っていかなければならない人間は、保健師が選ぶなんてことはできませんし、年代差というものだけでもこれだけ開きがある職業は珍しいとも言えるのです。

また勤務先によっては、戸別に家庭を訪問して、高齢者や障害者、妊婦などの相談に応えることも多い職業なのですよ。さまざまな年代、さまざまな問題を抱えた人間と関わっていかなければならないために、人間関係でとても大きな疲労度を感じてしまっても仕方のない状態にあると言えるのです。こんな時には少しでも精神的に負担のない職場へと転職することが一番ですよね。医療系専門の転職支援サイトに登録し、自分が壊れてしまう前に転職を行なった方が無難と言えるでしょう。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン