保健師求人TOP>保健師と看護師の違い

保健師と看護師の違い

保健師という職業と看護師という職業はよく比較されることが多いんですよね。似たような看護知識を保有しなければならないために、時々一色多に考えられることが多いですが、一体実際にはどういった違いがあるのでしょうか?

保健師という職業は、保健師専門の大学や条件を満たしたカリキュラムを行なっている専修学校を卒業しない限り、保健師の資格を得ることはできないのです。つまりこういった学校を卒業しない限りは、看護師という過程を経なければ、保健師になることはできないんですよね。この違いというものが1点として挙げられます。つまり看護師のスキルというものは、最低限として身につけていなければ保健師にはなれないということなんですね。看護師の資格を取得した後、1年間の保健師養成課程を経て、やっと国家資格を受験できる資格を与えられます。そして保健師の国家試験に合格をしてから晴れて保健師になることができるのです。

また職場環境に大きな違いがありますね。看護師の場合であれば、その職場というものは病院やクリニック。他にも介護施設などの医療機関が主となりますね。 これらのほとんどが民間の施設であり、就職に関しても自分で職場を選択をすることができ、入職をすることができます。民間経営ですから、待遇や給与の面でも優遇されるところは、とてつもなく優遇されるということが多いわけですね。

対して保健師ですが、確かに看護師と同じように産業保健師であれば、民間の企業で働くことは可能なんです。しかし保健師になった半数以上の人間が行政保健師や学校保健師という道を選択しているのです。これはみかんではなく「公務員」として入職することになります。公務員になると、職場は行政機関が各自に割り振って決定することいなるわけですね。特に転勤などは役所の都合で決まってしまうことになるわけです。つまり毎年大勢の公務員や、教職員などの公務員と一緒に、保健師もまた転勤を命じられ、転勤を余儀なくされてしまうわけですね。看護師であれば、たとえそれが公立病院であっても、転勤なんてことはほとんど経験せずに済むことになるのですよ。これも大きな違いのひとつなんですね。

実はこれが保健師の大きな悩みのひとつであり、ひとつの土地に留まることができないということで、転勤に応じてライフスタイルの変化を余儀なくされてしまうわけです。恋愛も結婚もままならないということになるわけですね。こういうことを考えると過酷さや不自由さは保健師の方が上かもしれませんね。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン