保健師求人TOP>保健師求人<公務員>

保健師求人<公務員>

看護師の半数以上が、保健師資格を取った後、行政看護師として勤務するというのが現状で一番多い保健師の就業パターンですね。こういった公務員として認められる行政保健師になるには、看護師国家試験、保健師国家試験に合格した後、公務員試験を受け、それに合格しなければ、行政保健師になることはできません。市区町村で勤務する保健師を一般的に行政保健師と呼んでいますね。

行政保健師も公務員になりますから、1年に1度、採用試験というものが実施されます。試験の内容は、一般的な教養試験。そして専門的な知識を問う試験があり、面接試験と小論文の試験を受け、更には身体検査というものを受けて、それに合格しなければ、行政保健師として認められることはないんですよね。

行政保健師の気になる給与面ですが、基本的には、自治体立病院の看護職と保健師の基本給は一緒なんですね。病院勤務の場合は、その勤務形態の違いにより、病棟勤務手当や夜勤手当。そして休日出勤手当などが加算されるようになるため、月給で比べてみると約5万円ほど病院勤務の看護職の方が高くなってしまうということになるのです。こういう風に見てみると給与面では、ちょっとデメリット面が大きいということになりますが、公務員ですから、その安定性というものを考えると将来的には抜ける可能性が高いということになるでしょう。

また行政保健師のメリットとしては、休暇というものを確実に取ることができるという点でしょうね。もちろんその部署によっての違いは存在します。しかし一般的な病院勤務に比べると、年休や産休。そして育休などの制度が充実していて、とても取りやすいという待遇になっているのですよ。病院勤務などの看護師なんてものと比較すると、これはとても大きなメリットなんですよね。一般的な病院勤務である場合には結婚をし出産をしようとなると離職を余儀なくされることになるものでしょう。しかし、行政保育士であればいちいち離職し、ブランクを作って復職先を探すなんていうようなデメリットはないわけですね。まさに一生涯の仕事として仕事を続けていくことができるのが、大きなメリットになるのです。

精神的なストレスなんてものを感じることが多い職業ではありますが、休日の取得が完全にできるために、回復をする時間が充分に取れるということで、一般的な看護師などと比べてみると、余裕というものを持って仕事に取り組むことができるという点も、行政保健師の大きなメリットのひとつになるでしょうね。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン