保健師求人TOP>保健師求人<学校>

保健師求人<学校>

保健師の就業先に学校というものがあります。いわゆる学校保健師というものですよね。実際に保健師の種類はさまざまにあれど、学校保健師にはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?

学校保健師の具体的な仕事内容は、学校保健法という法律によって定められています。その学校に通っている学生はもちろんのこと、そこで働く教職員の健康維持や健康増進に気を配り、予防策などを講じたるするということが主な仕事になります。学校保健法では、学校という特殊な場所における保健管理や安全管理に必要なことがあらかじめ定められています。これをもとにして、児童や生徒、学生や教職員の健康の保持や増進などを実現していくというのが学校保健師になります。

学校内において学生の怪我や病気などの応急処置を行うこと。そして健康診断や健康観察等などから学生の心身の健康を守っていくという仕事も行うことになりますね。もちろん扱いは学校職員となりますので公務員ということになるのです。応急処置をした際には、医療機関での受診の必要有無の判断もしなければなりません。他にも保健主事という仕事もあって、学校における保健管理をすることも多くなります。しかしながら、学校保健師の仕事内容は、学生や教職員の健康診断、健康管理や保健指導となっているので、それほど現場における仕事は多くないということが言えますね。

学校保健師の主な仕事は、こんなところですが、学校保健師として働くメリットはどういったところがあるのでしょうか?学校保健師の最大のメリットは、休日がしっかりとしていて、その休日日数が多いということではないでしょうか。まず公立の学校である場合には、土日と祝日は確実に休みになるわけですね。私立の学校に関しても、休日での出勤や夜勤というものが存在することはないのわけです。そして最大のメリットは、夏休みや冬休み、更には春休みという長期休暇が存在しているということなんですね。こういう長期休暇は、それこそ学校の教職員にならなければとることができない特殊な休日なのです。ですから何気に保健師の転職先としては、学校保健師はとても人気の高い転職先であると言えるのですよ。

デメリットと呼ばれるものは、競争率が高いということ。しかしこの点は医療系転職支援サイトを利用すればそこまで大きな問題ではありません。やはり怪我や病気以外の対応が出てきてしまったという点でしょうね。現代の若者特有のメンタルの弱さ。これを学校保健師はフォローし、しっかりとケアしなければならないことから、業務内容が濃くなったということですね。ここが唯一のデメリットと言えるのではないでしょうか。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン